株を購入するときには、様々な情報を集めて検討するのが普通です。
単に値上がりしているからという理由だけで購入すると高値掴みになる可能性は大きいです。
またテクニカルな面でチャートも全く無視することもできません。
総合的にその株が今が買いなのか判断するにあたっては誰しもがこれからの流れのシミュレーションを立てるのが一般です。
例えばいくらになれば売り、この金額で今後推移するなどとシナリオを描き、そこで即時に買い注文をいれてしまいます。

しかしこのシミュレーションのとおりはいかなのが株の妙味です。
実際想定どおりに進むことはまず少ないですし、まれにシミュレーションの通りにはなりますがそれは単に運に助けられた場合もあります。
要するに簡単には株はシミュレーションできないものでシナリオなどは何度も修正を迫れることが多いです。
では投資スタイルとして何が適切かと言いますと、株は即時購入するのでなく考えては購入しますがその後は株価をチェックせずに長期投資のつもりで保有することです。

毎日チェックしてもそんなに大きく価格は変動しないですし、たとえ業績の下方修正があってもその財務状況によっては実はそれほど問題がなく、慌てて売却するほどでもなかったということもあります。
要は考えて買うのはいいですがその後のシナリオを最初から固定的に描くことはせずに気長に長期で持ち続ける事が株における資産形成にとって重要で株というのは意外に長くもっていると余程の特異なものでない限りに経済に連動して上昇していることが多いです。
目先の数万円を儲けるもの利食い千人力ですが、もっとおおきなキャピタルゲインをえるために長いスパンでものを見たほうがいい結果がでます。